Upstateの好きな私たち。またまたいって参りました。今回は金曜日の晩にH嬢のお家にお邪魔するという、計画で早速旅路に。そして、翌日の17日にHowe Cavernという、有名な鍾乳洞に行きました。

出発前にHirokoちゃんとCafe Gigiにて・・・。


 8-17-01Cafe1.jpg


8-17-01cafe2.jpg

8-17-01cafe3.jpg


Upstateにいく前にH嬢とお茶してました☆




8-18-01Howcavern1.jpg

入場料は14ドルで、ガイドさんが案内してくれるこの鍾乳洞、夏休み中とあって
 かなり混雑してました。ツアー時間は約1時間。200フィート地下にあるという、洞窟内は
 一年中を通して、気温が華氏52度。ちょっと涼しいです。


8-18-01Howecavern2.jpg

通路のそばから、下を眺めると地下水が流れてます。




  • 8-18-01howecavern3.jpg


    ライトアップされていて、幻想的です。

    8-18-01Howecavern4.jpg

パイプオルガンと呼ばれる、フォーム。ここで、ガイドさんが
穴に向かって音をだすと拡張されてほんとパイプオルガンみたいです。



8-18-01howecavern7.jpg

ここはS字型の細い通路。昔水が削ってできたんだとか☆

8-18-01howecavern8.jpg



8-18-01howecavern9.jpg

かなり感動のツアーです。けっこうわくわくしちゃう☆


そしてその後お馴染Woodstockへ。

おともだちのBrian とDarcyのお店へ。

そして夕方ブラブラして、BBQの美味しいレストランへ。



8-18-01BBQjoint1.jpg



8-18-01BBQjoint2.jpg


みんなで一枚☆

翌日は朝から、Hoolie Girlsでぶらぶら



8-19-01artG.jpg

お隣のArt ギャラリーはとってもかわいいおばあちゃま達が経営してます。

8-19-01artG1.jpg



8-19-01artG2.jpg


素敵な作品がいっぱいです。
 とくに装飾品もけっこう扱っていてどれも素敵なものばかり。

8-19-01woodstock.jpg

近くのWaterfall




8-19-01candystore.jpg

そしてここがカールの行き着けCandy Store。
 今回もかなり買い込みました。Fudgeが 美味しいの〜☆

8-19-01candlestock1.jpg

Candlestock

8-19-01candlestock2.jpg


前に写真とったときは、暗くて綺麗にとれなかったけど
今回は。これがDripping キャンドル。凄い大きい!


8-19-01hooliegirl1.jpg

近所の女の子達がHoolie Girlのデニムベストを試しに着てくれました。
 かわいいでしょ☆

てなわけで、すっかりアップステートをのんびり過ごしてしまいました。

また遊びに行くぞ〜!



とにかく、7月の14日にNYにくるということになっていたので、いったいどんな接待(?)しようとカールと考えた末、結局土曜日は、カールのバンドの、ギグにつれていって、翌日日曜日から、ワシントンDCにつれていくことにした。
日曜日の朝、超アメリカンの朝食を味わってもらうために、IHOP (International House Of Pancake)につれていった。超量の多い朝食に彼女もたじたじか?姉はBreakfast Samplerで、私は、Steak Omeletでハッシュポテトとか肉とかいっぱいオムレツになってるヤツです。カールはSouthern Style Country Fried Steak で フライドチキンに南部地方のグレービーがついてるヤツに、卵三個。さすがに、かなり食べたぜ〜。Breakfast Samplerは卵2個にハッシュポテトに、ベーコン・ソーセージ、ハ厶。すべての朝食に、パンケーキか、トーストがついてくる。もちパンケーキでいただきました。

その後、腹ごしらえをして一路ワシントンDCへ。ドライブには約6時間かかってしまった。(それはカールが道順をインターネットで調べてなんかイマイチだったから。) とにかく何とか、DCに到着して、ホテルにチェックイン。ホテルはWyndham City Centerといってダウンタウンエリアにある、ホテル。DCのオフィシャルサイトからディスカウントでホテルをブッキングしたんだけど結構安くて泊れました。そして到着後すっかり夕飯時で、目当てのLegal Seafoodにいったんだけど、日曜は定休日になってたので(ガイドブックには日曜の時間も書いてあったのに)、ホテル向かいの中華料理屋に行ったけど、すごい胡椒のききすぎで(そりゃ、辛い料理ばっかりだったけどさ)、カールダウン。彼はそうそうにホテルに退散してしまった。やさしい旦那なので、食事代$100ドル札をおいて、ちょっとお茶でもしてきたら?と残していってくれました。(笑)ラッキーなんて思いつつ、Dupon Circleを散策。夕方でだったけど、結構人通りがあって、スタバにはいってお茶。そしてホテルに帰ってぼーっとした。
翌日月曜日。つい、なかなか起きないカールをなんとか起して、観光開始。アインシュタインの銅像の隣りをとおって、リンカーンメモリアルへ。ワシントンモニュメントも見えた。




washingtonA.jpg


ワシントン記念塔とReflecting Poolとっても広い〜!

washingtonB.jpg

さすがに、有名どころの、リンカーン記念館。Silence & Respectを払えと、書いてあって、なかなか緊張しました。


washingtonE.jpg

washingtonC.jpg

そしてその後、ベトナム戦争戦没者慰霊碑にむかった。壁壁・・・人の名前で埋まってました。こんなにたくさんの人がベトナム戦争で亡くなったなんて・・・実感してしまった。壁のすぐそばには、電話帳のように太い慰霊者名簿があり、名前がどこに位置しているか載っていました。またヴォランティアのヴェテラン(退役軍人)の人が質問に答えていました。一行一行ぎっしり名前が詰まってます・・・。

washingtonD.jpg


その後、てくてく歩いて、ワシントンモニュメントへ、結構広いNational Mallを散策。とっても天気にも恵まれて、良かったです。




washingtonF.jpg

その後モニュメントに向かったのですが、現在改装中につき中に入ることもできませんでした(でもオープンしてたとしても、先に整理券も取りに行かなくちゃいけないんだけどね。)でも凄く高い! 

かなり暑かったです。でも観光客はそこらじゅうにいたし、そのまま、東をむいてあるきスミソニアンのなかにある、カールのお目当て、航空宇宙博物館に向かいました。その途中で、スミソニアンのインフォメーションセンターとなっている、キャッスルに立ち寄りました。

washingtonG.jpg
カールと姉。スミソニアンキャッスルにて。


航空宇宙博物館は、入ってすぐに、飛行機のが飾ってあったりなんかして、凄い迫力。そして、何よりも、月面到着を果たしたアポロ11の実物がかざってあります。すっかりカールくんはメロメロでした(笑)そして、私たちは、Apollo To The Moonというセクションで、Apollo 計画の全容が詳しく書かれているのでいろいろ見てまわりました。



washingtonH.jpg

アポロ11号

washingtonI.jpg

係員の人が細かく質問に答えてくれます

washingtonJ.jpg

月の石

washingtonK.jpg

石に触るカール(触ってもいいんです(A^_^;)



washingtonL.jpg

ハッブル天体望遠鏡の実物大の模型に感激のカール☆吉だね〜


ここには、実物大のハッブル天体望遠鏡の模型も展示してあり、カールくんおお喜び。そしてインターナショナルスペースステーションの実物大モデルもありました。とにかく、見る量がすごい。この博物館には、IMAXシアターに、プラネタリウムもあります。お土産には宇宙食のアイスクリームなど購入。とってもおしゃれなTシャツも売ってました☆

washingtonM.jpg

お昼にはこんなでっかいホットドッグも☆ 博物館内のカフェテリアにて。

washingtonN.jpg

その後国会議事堂の前を通って、つかれてきたので、ホワイトハウスの方に向かいました。月曜日はホワイトハウスのツアーが無いので、火曜日の朝にならびに行かなくちゃ・・・と思っていたのですが、朝もはよからホテルをチェックアウトするのはめんどくさいので、断念することに。とりあえず、ホワイトハウス前に行ってみました。でもとにかく歩いた。国会議事堂からホワイトハウスは徒歩約20分。気温もうだるような暑さで、暑かった。途中にいろいろな建物や、メモリアルを発見。とにかく見るところが多い。今度はホワイトハウス周辺にホテルが取りたいと愚痴るカールであった。

washingtonO.jpg


ホワイトハウスの前は結構人だかりで、ゲージ越しにみんな写真撮ってました。(もち私たちも。)その後歩き通しだったので、タクシーでホテルに戻って、お食事に。

ボストンに本店があるLegal Seafoodは、私が大好きなので、行ってきました。とりあえず予約をいれて、カジュアルでもいいかどうか聞いていったら、全然大丈夫らしいから、行ってきた(ほっ。今回の旅は全然服もってきてないの)



washingtonP.jpg

生ガキ!!! 


頼んだものは、生ガキ三人分に、スチーマー(蛤) ムール貝の蒸したもの、そしてロブスターということで食べまくったのであった。ここのロブスターは、ハサミのところも身がいっぱいで、ものすごい食べがいがあるし、とってもフレッシュなの!!! すごーい。とにかく、美味しかった。カールはカニのスープも頼んでたよ。

washingtonQ.jpg



washingtonR.jpg


凄いのんじゃってへべれけなわたし。そして地元の人も巻き込んで酒宴をしてしまった・・・。
 (あんまり飲み慣れないホワイトワインを飲みすぎた私は翌日後悔したよ・・・)


翌日2日酔の私・・・。元気いっぱいな姉(酒豪)。カールはのほほん。 朝食後のんびりしてから、ホテルチェックアウト後。アーリントン国立墓地に向かいました。辺りは、静観としていて、墓地って感じなんだけど、日本みたいにおどろおどろしくなくて、まるでピクニックにでも行くような感じ。


washingtonU.jpg



washingtonV.jpg



washingtonX.jpg





washingtonY.jpg

ジョンFケネディの墓

ジョン・F・ケネディの墓には、かなりの人がいて、永遠の炎が。その横に、ジャクリーン・ケネディ・オナシスそして左には、息子・右に娘の墓が(どちらも幼少にて亡くなっている。)

washingtonZ.jpg

ロバート・ケネディの墓

その後、ロバート・ケネディの墓を覗いてから、無名戦士の墓に向かった。


washingtonW.jpg

無名戦士の墓は、丁度ついたときに、交替式があったので、しばし見物する。衛兵は、特別に訓練された、人たちらしい。この暑い中、制服に身をつつみ、さぞかしあつかろう・・・。

washingtonXA.jpg

washingtonXB.jpg
高台に彼らは眠る。

アーリントン国立墓地を感無量の思い出あとにして、またワシントンに来たいなあと思う私とカールであった。

DC郊外にある、アウトレットに向かおうとしたが、なんと交通渋滞なのであきらめて帰路についた。が、なんとなく物足りないので、Baltimoreによって美味しい、Maryland Crab Cake Sandwich を食べに行くことにした。

そしてついに日本についてようやく日記が書けるようになりました。姉のシャーミアンのうちに新しいパソコンで打ってるんだけどいいですねー。
31日は京都の方に連れて行ってもらったので、深夜遅く新世紀を京都で過ごしました。元旦はおせち料理に堪能して、テレビもちょこっと見たんだよー。やっぱりお正月はいいなあ。ゴロゴロしてるんですよー。でも車がないから、チャリダ-する私たちって何者だ―。

と言うわけで、天気の方も明日から大雪になるらしいので、丁度良かったです。フライトも順調に行けばいいんですけどね〜。
今朝はすでに6時前に起きて、シャワー浴びて、すっかり、すっきり。8時には家をでて空港に向かいます。 (って行ってもすぐそこなんだけど)11時に飛行機が出発なんだ。でも2時間暇潰しをば・・・。
年末年始バタバタしてるなかに日本にかえるなんて、いい迷惑かも・・・。ごめんね〜


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

ブログ・ランキング参加中

ブログ村のランキングに参加してます。
読んでバナーを押していただけると幸いです。
あなたの1票が毎日の励みになってます〜。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村


メールにてご連絡してくれる方はmissyplace.newyorkあっとまーくgmail.comまで

UNIQLO カレンダー

ブログ村

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM