今回ようやく旅行の日記をつけ終わったわけだけど、

 

やっぱり集中して日記を書かないとかけないというか、

もともと筆不精なのに更に時間がたつと忘れてくるという、もう年ですね。

これできっとしばらくしたら、会った友達の名前とかも忘れてしまうのでは・・・と思いつつ。

こうやって書き留めておくのは大切なことだと思うのです。

 

で、旅行から帰ってきて約4週間ぐらいたっているのですが、その間に旅行の感想を聞かれていろんな意見も友人たちに伝えました。

 

当初この旅行は2週間実家でゴロゴロという目的で立てた旅行でしたが、

結局友人の娘さんを預かることになり、たくさん日本の観光スポットを回る、かなり忙しい里帰りになってしまいました。

 

でも、未奈にも、日本のいろんなところが見せれてよかったかなとは思いますし、話相手も出来てよかったと思います。

 

5年前に帰国したときは、娘がニッキーちゃんのような感じだったのですが、娘は当時8歳でまだまだ子供でしたから、どこにでもご飯を食べにいっても、オーダーしなくても彼女が食べれるものを私のオーダーしたものから取り分けて与えるなどできましたし、娘自体うどんは食べれましたから、ちょっと食べに行ってもすうどんなど小さなものをオーダーすればいいというようなものでしたけど、今回はモロ・アメリカ人の子供をつれてというのは、ちゃんと食べさせなければいけないという責任感があり、どうしても彼女優先的なものになってしまい、正直私が帰国してやりたかった食べ歩きは叶いませんでした。

 

大人というものは、Tag Alongしているからには付き合ってもらうというのがわかるとは思いますが、子供にはそれがわからないし、ガタイは大人並なので、2人の子供が「食べたくない・食欲ない」となると、説き伏せて喫茶店でお茶とかいうのもできませんでしたからね。

最終的にも、お寿司の食べれない・うどん食べれないという人とちょっとした回転寿司にいっても、その人が食べるものが無いとなると、回転寿司はおあずけということになってしまうんですよねぇ・・・。

 

ジェフは、「そんなのだったら、ニッキーには、パンとピーナッツバターを与えて君たちだけでも食べ歩きを楽しめばよかったじゃないか?僕ならそうするよ。」

 

と簡単いいますが、日本の文化というのは「おもてなし」文化で、その文化を受けついている私には、そんなことはできません。

ましてや、子供がこの厳しい暑さの中、時差ぼけと、夏バテと戦いながらの観光をしているのです。できるだけ食べ物には気をつけたいところです。

大体、そんなこと言ってるけど、ジェフだって絶対そんなことできないと思うんですけどねぇ。

 

そして、私は次回の日本訪問には絶対こんな「面倒を見なくてはいけない」ようなシチュエーションにはなりたくない。といって、次回はジェフと二人だけでいくか、未奈と私だけ+ジェフとなら行くけど、ツアーのコンダクターみたいなことしたく無いから、白ご飯嫌い、お箸使えない、ラーメン嫌いな息子ちゃんは連れて行くの無理!と言い張ったんですけど。

ジェフは、息子ちゃんはニッキーとは違うよ〜。僕、息子にニッキーの件言ったら、彼はWorldトラベラーになりたいから、出されたものは全部食べるって言ってたよ。だから大丈夫だ!

と言い張るんです。

 

は〜!?!? あのね、あなた息子に、今すぐ風呂に入れと命令しても、聞かずに弟たちのことを思い出してさびしいから泣いていたと、はぐらかされて結局風呂に入らなかった息子にどうやって言うこときかせるんですかいな?

 

私は、旅行の引率者として、すごく偏食で感情にデリケートな彼が楽しんでいるか、ご飯は美味しくたべれるように、彼主体のメニューのレストランを選ぶとか、とにかく、次回の日本訪問は他人の事を主体とした旅行がしたくないといいたいだけなのだけど。

 

また次回のあとの旅行が、旅行のツアーの引率者のような旅行になっていしまうのは仕方が無いけど、次回だけはカンベンしてほしいのよね。ま、そうそう日本に何度も帰れるほど、私には財力はないので、数年あいてしまうのは仕方が無いのかもしれないが。

 

2月の休暇を考えていた矢先、日本行きの航空券が850ドルになっているのを見て、ジェフに行ってみる?と打診。

そしたら息子ちゃんも学友がそのころ日本に行くかもしれないので、行きたいらしいと言う。

うーん。次回の日本行きは、子供の子守はやだな〜と思っていた矢先。

 

彼の誕生日のディナーは、イキナリ、ちょっと良いすし屋にお寿司にを食べに行きたい。と言い出した彼。

 

・・・・うーん、今まで日本食を毛嫌いとまでは行かずとも、まったく日本食のレストランにきてくれそうに無い方がイキナリ高級寿司が誕生日に食べたいって・・・

 

前回、有吉レストランに行ったときに、寿司を頼んだ彼だったが、なんと握り寿司にお醤油つけたほうがおいしいよ!と勧めたにもかかわらずお醤油をつけずにたべるのを見て、何でそんなまずい食べ方するの?と絶句に陥ったわたしなのですが・・・。

 

こんな作法知らずの子供を高級な寿司バーに連れて行くって言うのが、私としては恥ずかしいしお金の無駄だとおもうのです。

 

これはまさに、自分は寿司が食べれるぞ!日本にいけるぞ、とアピールしてるのでは思うのですが。

 

そんな彼の誕生日の一日前。

いつも安い日本食のテイクアウト屋にて、晩御飯をオーダーすることになったのです。

 

カツ丼(未奈用)7ドル、ラーメン(留学生用)8.50ドル。

って、カツ丼か何か安いの食べてよ〜って言いたいけど、ここは息子ちゃん。

白ご飯駄目X、日本のカレー駄目X ラーメン駄目Xだから、以前は、息子ちゃんはここでオーダーすると、

オーダーするものがないので困っていたのだが、お寿司が食べれるというなら、お寿司オーダーしようか?となったわけだ。

彼は、あっさりそうするといったのである。 

寿司(息子ちゃん用)14ドル

メニューの中でも一番高い目のものをオーダーするのは、夕食にお金をかける私にして見れば困ったチャンなんだけど。

 

そして、出前してきたものお寿司。

ここでも、お寿司に醤油をつけずに食べている。(唖然)

 

でも、これでさすがに不味いと気がついたのか、誕生日はやっぱりBBQのお店に行きたいと言い出した。

と、ジェフがレストランの変更を申し立ててきた。

 

なんでも、みんなが喜ぶだろうからお寿司食べにいこうとみんなのために選んだんだけどと白々しいがそんなことを言う。

そんな事言わずとも、自分の誕生日のディナーなんだもん。自分の食べたいもの食べたらいいじゃないか!といったジェフ。

ジェフはBBQのお店の方がお金も無駄にならずにすんで内心ほっとしてると思うわよ。

 

私は、思わずジェフに、「あなたの息子にお寿司は醤油をつけてたべないと不味いからお醤油つけてっていってよね。私が言っても聞いてくれないから。」といったけど。

でもどうしてかな・・・。西洋人というのは、食べ物の文化で「作法」というものがあるのに、その「作法」を受け入れないところがある。なぜだろう?

 

息子ちゃんのお寿司にお醤油をつけないのもしかり、

ジェフでも、なんちゃってしゃぶしゃぶ屋に行ったら、おでんセット(おでんの練り物+しゃぶしゃぶ肉)を頼んだら、まずおでんを先に食べて、お肉には一切手をつけず、食べ終わったら、しゃぶしゃぶ肉をまとめて全部鍋に入れて調理して、全部お肉をお皿に移してたべるという・・・。私は、何でそんな食べ方するの?と聞くと。

ファーストコース(練り物は、魚もの)でセカンドコース(肉もの)だからじゃん。

なんて言われた。

そんなの西洋のコース料理の食べ方じゃん。

と、口けんかしてもいいが、自分の好きなように食べてどこが悪い?と返ってくるだろうから、アメリカにて、中華系の堅苦しくないお店で本当の作法をとやかくいってもしかたがないから、何も言わないのだが、はっきり言ってこういうのはまさに、アメリカ人だなと思う。

 

日本のレストランって、ほんとアメリカにある日本食レストランっていうのとは違うのだ。

アメリカにあるレストランは、とりあえずどんな偏食の人でも対応できる食べ物が必ずあるけど、(それでも息子ちゃんを連れて行くのが難しいのよ!)日本は、細かく種類別にされているので、更に息子ちゃん含む家族全員が食べておいしいと思えるようなものを食べれるレストランを探すのは大変なのだよ。

それに、白ご飯だけオーダーとか、居酒屋でなければ単品オーダーできないし。

だからといって居酒屋に毎日毎日ご飯食べに行くのは嫌だもん。

 

カフェにいって「お水(ボトル入りの水)」くださいっていうのはアメリカではありありだけど、

日本で喫茶店に行ったら、「お水でいい」ではすまないのである。

 

うまく説明できないんだけど、この日本とアメリカの文化の違い。

 

元旦那と日本には数回いったけど、彼はすんなり文化を受け付けるタイプだったなと。

郷には入れは郷に従えを簡単に成し遂げてしまった、アメリカ人だったんで、あまり悩ませられたことは無かったけど、今回ニッキーちゃんのように、モロアメリカ人を連れて旅行して、作法はこうした方が良いですよ、と勧めても、それを受け入れないのにこまってしまったな。

ま、作法はこうだから、こうしろ!と言えばよかったのかもしれないけど。

 

でも、彼女は更に、洋風にしろ和風にしろ、食事の態度が、毎回肘をついて、ナイフとフォークの使い方もできておらず、テーブルマナーがなって無いなぁというのも幻滅だったし。(もちろん家の娘はOKですよ。)


彼女は、お箸はもともと結構使えていたので、更にお箸の使い方に磨きがかかったと思うし、

ニッキーは白ご飯OKお味噌汁大好きだったので、口に合うものを探すのには苦労したけど、和食全般的に食べれた方だと思うから、彼女がアメリカ食を恋しがっているのを見てると、この子でもこんなに食文化でカルチャーショックを受けているのに、あのへなちょこ息子ちゃんがいったいこの短期間だけでも「おなかすいてない」とか言い出して、ご飯を食べるチャンスを逃す可能性大なのである。(ちなみに息子ちゃんはお箸は全然使わない。使えないではなく、使おうと努力もしたことがないのだ。お寿司食べる時は手掴みだ。)

 

とにかく、ニッキーはがんばったと思うよ!異国の地で、舌になれないものをたくさん食べて、エライと思うわ。

 

でも、私にしてみれば、高い金払って日本くんだりでかけてるんだから、今回彼女が足かせになるようなシチュエーションを作ってしまったので、次回はせめて、好き放題、気の向くまま気軽においしいご飯が食べれるような旅にしたいと思うわけなのよ。

 

ま、とにかく、今回の旅行は「食」の文化の違いを感じさせられたというのが感想ですかね?

 

あとは、日本のよさも。公衆トイレが数段よくなってたところも良かったです。

ウォッシュレット万歳! 

 

でも日本で車の運転できても、バックで駐車することは私には不可能なので、順応できないかもしれませな。

 

次回の旅行はおそらくジェフが来るから、また京都だとか連れて行く羽目になるけど、今度は私も行った事の無いところに行きたいわ。

 

今回は、Google Map様様で、どこに行くにも、このアプリで地下鉄の乗り方から、バスの乗り方まで、徒歩の道順までとっても便利でした。そしてそのWiFi HotSpotを用意してくれた姉にも大感謝。

 

iPhoneImage.png

 

今回大阪にはいけなかったのが残念だけど、次回は必ず。

もう少し大阪のナイトライフを楽しんでみたいわ〜〜。って私かなり下戸なのですが・・・。年だねぇ。

 

ともあれ、次はいったいいついけるやら。

今回も、円高に悩まされたし、次回は少しくらい円安になってもらいたいですねぇ・・・。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

 

Comment
MISSYさん

次回日本に来られるならぜひご一緒しましょう。
銀座や築地で美味しいお寿司とか浅草でウナギとか・・・
パートナーさんが来られるなら、日本滞在中の2日〜2日ぐらいはパートナーさんと息子さん、MISSYさんと娘さんの2班に分かれてってのもどうでしょうか?
季節にもよりますが、外乗りも行けますよ。
爆走は出来ないかもしれませんが、日本にも雪の冬山で外乗りできるところも有るみたいですし!
是非ご一報を。
  • よしを
  • 2016/09/24 10:35
グルメのよしをさんと東京を回ったらかなりおいしいものが食べれそうですね!ぜひお願いします!
もち外乗り!
ああ〜富士のちかくで外乗ってロマンがありますねぇ〜〜〜!
よろしくお願いします!
  • MISSY
  • 2016/09/26 21:37





   
この記事のトラックバックURL : http://missyplace.net/trackback/2881

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ブログ・ランキング参加中

ブログ村のランキングに参加してます。
読んでバナーを押していただけると幸いです。
あなたの1票が毎日の励みになってます〜。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村


メールにてご連絡してくれる方はmissyplace.newyorkあっとまーくgmail.comまで

UNIQLO カレンダー

ブログ村

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM