水曜日は、息子ちゃん。


学校行かんかった。


夕食作って



超ウマウマのパスタ。

そしてちょうどジェフはスカイプで、講義中なので、私と息子ちゃんと2人きり。


なんで休んだの?


Mental day Off 


はー!?自分にメンタルで休みとる?

学校ごときで?


なんか中学校の時の彼女が、学科は違うけど同じ大学にいて、たまたまばったりあって、ちょっかい出してくる(?)


無視してたんだけど、向こうが、手紙をFacebookのメッセンジャーで送ってきて、どれだけ、息子ちゃんが、最低な彼氏だったと、なじられたらしい。😅


このアホ女もかなりの重症だ。


で、前日は授業も全然集中出来ず何もできないから、整理するためにも、3人の友人から、行くなと言われて、自分は、行きたかったけど休んだって、アンタ、バカじゃないの?

何言い訳してんの?


行きたかった、でも友達に止められた。

公共の場所で、パニックアタックになったらどうしよう!


で、家にいた。というわけ。


あゝ、この先NEET まっしぐらじゃないか?!


まぁ、中学校高校なら、よしよしって感じなんだろうけど、大学にもなって、こんな事でコケていてどうする?


三万ドルの授業料だぞ💵

これしきの事で、休む方がもったいないだろ〜⁉


やわやわ、ヘナチョコやで。


彼のメンタルは。



ま、今でも、毎日ジェフが、地下鉄の駅まで送り出してるんだけど。


ま、私も内心マジか〜⁉って感じだけど、話を聞いてあげた。


彼は、彼なりの論理で、物事を正当化しているけど、甘い!考え甘々や!


まず起こりえる「かも」の事の心配しすぎ。


当たって砕けろ!


ま、本人、それは精神病でどうにもならない見たいな態度だけど。


抗えよ!


なんか、口ばっかりで

何にもしてないじゃん。


君には出来る!頑張れ!









さて、新学期が始まり、子供たちの生活にリズムが出てきたと思いきや、ユダヤ教新年で、月曜日、火曜日は休み。

 

てな感じだったけど、大学は、ユダヤ教の新年なんて物ともせず、通常運転。

 

大学に進学した、息子ちゃん。

大学の、授業が始まる前の週は、オリエンテーションと称して、イベント三昧。流石私立。コメディアンがきてとか、映画上映とか、ビンゴとか、毎日毎日深夜遅くまで出歩いていた息子ちゃんであるが、

 

第1週目、毎日帰宅したら父親への弾丸トークで、ディスるディスる。

 

Hate this class 

このクラス大っ嫌い

 

Hate this teacher 

この先生大っ嫌い

 

Hate this curriculum 

このカリキュラム大っ嫌い

 

嫌い嫌い嫌い三昧で、3万ドルの授業料は、無駄だったのか?

 

あたかも彼にとって授業のレベルが低すぎ的なコメント。

 

Hate 嫌いと言う言葉は、早々使うべきではない。と、私は思う。

 

Hate と言えるくらい、物事に挽回のチャンスを与えてから、この好き嫌いの一番強い言葉は、使うべきだと思う。白黒はっきりさせてしまうこの言葉は、拒絶の壁をつくってしまうから。

 

なら、もっと上の大学に行けよ〜。

 

ジェフは、ただ単にクリティーク批判的なだけだよ〜って言うけど。

息子ちゃんよ・・・アンタは何様か? アンタは大学教授にでもなったのか?それくらい経験値が高くてディするくらい偉いのかい。

 

娘には、この単語HATEは

 

強い意味の言葉だわね〜。と使うたびに言う。

 

私的では、あるかもしれないけど、

 

「Hate」 

 

と言う言葉は、他人を直接、関節的に、傷つける言葉だと思う。

 

逆に、言っている本人の視野を狭めるものになるとも思う。

 

例えば、周りが、当の本人が、たった一度出てきた食べ物をHate this food  (これ食べ物大っ嫌い)て聞いたら、もうその人には、この食べ物は、将来本人が、自発的に食べたいというまで、その人には勧めないだろう。

 

その食べ物が、たまたますごく美味しくなかったと言うだけで、大っ嫌いとラベルを貼ってしまうのは、これからもしかしたらすごく美味しく調理できるその専門店が、あったとしても、その人には、その選択肢が、すでになくなっているの。

 

Give them an another chance くらい子供に言えよ!ジェフ。

 

あなたは、3万ドルの授業料を払って受けてる授業のありがたみもしない息子のディスりを少し説教すべき。

 

 

意味もなくHate を使ってると思うなら、そのくせなおさせた方がいいわよ。

人間関係誤解を招きやすい言葉だから。

 

将来息子ちゃんは、物書きになりたいといっていたけど、こんなClose Mindで何が書けるの?

 

人との関係ってデリケートなものだから、「こいつネガティブな奴」とラベル貼られたら人から避けられるわよ・・・

(私だってジェフの息子じゃなければ避けたい陰の人)

 

ま、とりあえず毎日自分で学校には行ってるが。

 

毎日がドラマ(劇的)だねぇ・・・

本人は友達がドラマ一杯で、なんていうけど、私にとっては彼がドラマで一杯だよ・・・。唖然。

 

合掌!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

 

 

やれやれ


我が家の息子ちゃんが無事高校を卒業しました。


入学した年はかなり欠席が、多かったので大丈夫か?と心配したけど、結局ほぼ毎日ジェフが車で学校まで送って行ったから、学校からは、遅刻もないといから素晴らしいというAuto メールを頂戴しては複雑な気分ではございましたが、終わりましたよ。義務教育!


ま、この学校は映画専門学校だったので、卒業生は、130人位。とても小さな学校です。

この学校に入るには、「運」が必要というか、入れたのは、ラッキー🤞。とは言え、ジェフママの友人が、学校の創設に関わったかなんかで、口添えしてもらったかも。

でも一年目は、つまらないとか言って学校は、かなり休んだし。ま、とりあえず卒業できて、大学も決まったし。


卒業式は、チケット制で、彼のステップファミリー家族が、行けるよう配慮しましたので、私は行けなかったんだけど。私は、私で仕事があったんで。ご飯だけご一緒させてもらいました。


Rincon Criollo というキューバ🇨🇺料理のお店。普通は、予約取ってないのだけど、息子ちんの、ノースカロライナの家族が、知り合いで写真が、壁に掛かっている位なので、大きなテーブルを用意してもらいました。









料理は、とても美味しかったです。

サングリアが飲みやすくて、美味しかった。


ノースカロライナの家族に会うのは久しぶり。去年の2月ぶり。

みんな子供達は、大きくなってたわ。


大きくなったはというと、息子ちゃん、

高校卒業したからって、レストランで、堂々とサングリアをガブガブ飲むのは、どうかと。

それを許す親も、どうかと。

そしてやってきた友達にもふるまうのもどうかと思う。


ちょっと味見に、の域を超えていたよ。


ここは、レストラン、おおっぴらに飲むのはやめてください。


最後には、ジェフママに、飲みすぎじゃないの?と言われてましたけど。


ジェフは、

「あいつガタイが、でかいので沢山飲んでも大丈夫だよー」ってちょっと無責任だと思う。


最近、何かとパーティあると聞いたら来たがるのは、酒を飲むチャンスだからか?


ともかく。

End Products アル中ヤク中の慣れ果てを知っている未奈は勧められても飲まない。


彼女自身とても慎重。


精神科に通ってる人にお酒は微妙だと思うんだけど。


ま、とにかく卒業おめでとう🎓㊗


NEET にならないよう頑張ってください🎉



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

で、結局。息子ちゃんの進路なのだが。

 

結局彼の本命?はWait List 誰かが、辞退したら、もしかしたら入れるかも。というやつ。

これが普通科の大学なら補欠で入れたかもといって喜べるんだろうけど、こういうとても少人数の枠のものは難しい。

 

映画学部の大学は結局のところ、

一つはすぐにRejected

一つはすぐに合格 (私立NYC内にある、営利目的大学。オーナープログラムで年間9千ドルの授業料免除。

年間の通常授業料は約4万ドル弱。奨学金をもらっても州大の授業料に比べても全然高いんで・・・。)

一つは、出願が不完全。(前回の日記

二つはWait List (一つはSUNYで、一つはNCの州立大)

 

映画関係でないところは一応CUNYで大学は受かったようだけど。

 

結局。私立の大学にしたそうだ。

ま、他の大学はすべて映画学科のランキングでトップ20に入る大学ばっかりだったけど、

ここは何故かいい学校と言われる割にはランキングにはかすらない大学なので、不思議だけど。

 

あと4年。息子ちゃんはNYCに大学に行くということは、うちに最高4年は住むという事・・・。

もしかしたら、未奈の方が先に家から旅立っていくんじゃないかしら・・・?

 

ま、結果は、すべての大学にすっかり入れるもんだと思って会話していたジェフと息子ちゃんの予想を大幅に下回ったわけだけど。

出願に対して、100%の努力をしていないので後悔が残るのか、しばらくイジケていた息子ちゃんではあるけど。

 

私としては結果が私が想像していたよりはマシだったけど、

とりあえず、自分が入りたいと思ったところに行けるのはいいのではないでしょうかね。一応大学合格者の日っていうのがあって、それに行ってきた息子ちゃんとジェフは、プログラムをみて大変満足らしい。

ま、私立なんで、学費ローンの返済が大変だろうけど・・・。

 

果たして、美大に行くわけなんだけど、彼にこのクリエイティブに自分で作品をドンドンプロデュースしていかなければいけないのについていけるのか?というのが私の心配。

 

なんだかんだ言っても心配です。が、本人が行くって決めたんだったら、責任持ってくださいよね。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 

木曜日の夕方、郵便受に入ってたのは、息子ちゃんが、出願していた学校からの手紙だった。

ニューヨーク州のアップステートにあるこの大学は、映画学部は、結構定評ある学校で、ジェフと息子ちゃん、わざわざキャンパス見に出かけて行ったのだけど。

 

息子ちゃんは、水曜日からノースカロライナへ春休みで、行ってしまってたので、手紙をジェフに手渡した。

彼はこの学校は、息子ちゃんの本命の学校ではないけど、もし本命が、ダメならいかせようとか、多額な奨学金が、出たら行かせるかもなんて言ってた。

 

 

 

結果は😐

 

出願が、不完全で選考にかけられません。

だって😕

 

息子ちゃんに連絡して、出願状況を大学のサイトで確認したら、成績表が、未提出だったらしい。

 

結局、彼の学校のシステムが成績表を大学に送ったのだけど、高校側は、送った形跡あるけど、大学側は、受け取ってないと。

 

高校の校長が、連絡取ってくれたけど、最終的には結局、大学側も、出願状況をサイトで確認して下さいメールを出しているので、確認してない生徒の所為だとか。

 

ま、確かに、本当に行きたい大学だったら、チェックするよな。向こうがちゃんと受け取ってるかどうか。

 

もしかしたら、大学側は、出願者を本当にこの大学に来たのかどうかを試すためかもしれない。

 

結局、他人任せで、信じてたのに。なんて言ってもさ。

 

結局、成績表は、受理されたけど、映画学部は、選考終わっているので、入れるチャンスは、ほぼ無いけど、普通科の選考で、入れれば、翌年編入可能かも、だって。

 

情け無い結果である。

 

彼は、こんなんばっかなんでしょうか?

 

真っ先に落ちたとかもそうだけど、

ここも、楽勝で入れるような感じで、話してましたよね?

 

あんまりにもお粗末な、結果に私は、唖然でございます。

 

だいたい、彼が出願しているのは、芸術的なもので、少人数制のプログラムばかり。

狭き門を、学校でグループで作った課題だけで、その情熱が伝わるだろうか?

 

うーん。

 

とにかく・・・いい結果がでますように。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

にほんブログ村

ノースカロライナへ大学の面接に出かけて、

面接はすっごく上手くいった〜!と言って帰ってきたのだが・・・。

 

ジェフは大学からの通知はもうすぐ来るといって、すっかり受かった気分でいたんだけど。

なんでも、結果はもし不合格ならEメールなしで不合格の紙の手紙が来るらしいのだが、

どうやらE-mailが来てたそうで、なんとか不合格ではないよう・・・。と、すっかり上機嫌だったんだけど、

 

 

どうやら、そのメールの添付していた手紙のヘッドラインが、Deferred Decision(遅延決定)ということで。

 

まだ結果はわからんという事や。

 

ま、不合格ではないということだけど、現在の時点で、再度検討のカテゴリーに入ってるわけなんだけど。


 

今更ながら息子ちゃんはノースカロライナの方に真面目に行きたいみたい。

 

そしてそのDeferredの事がわかった当日。

家に帰ってきたら、何やら息子ちゃん。新しい機材が・・・。先日楽器屋で欲しいな〜と言っていた品物が。

 

まったく・・・また甘やかしてんじゃないわよ。

 

ちょっと落ち込んだからってさ、また飴玉与えてさ。

 

まずは、落ちた時の事を考えて、最初っから受かると思って有頂天にならないように、結果を待とうね〜ぐらいで対応すればいいのにあたかも合格したかのように、対応するから、へなちょこな息子になっていくんじゃないかい?

 

じっと我慢させて合格したら、頑張ったRewardとして飴玉あげないと、落ち込んだらなんでも手に入ると、思考が無意識に学習するじゃないですかいな・・・。

 

その代わりSVAは、Higt Honorのクラスに入れますよという手紙が来たらしい。

 

ホント。この息子ちゃんは大丈夫なのか???

 

ああ・・・ノースカロライナの方受かってくれてるといいんだけど・・・。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

iPhoneImage.png

水曜日の夕方は、華氏77度!(摂氏25度)5月並みの陽気ですよ・・・。

 

で翌日は44度。

 

マジ。暑い! 

 

今日は朝は晴れてたんだけど乗馬レッスンなかった・・・。

 

来週はDiakoniaのRetreatあるからいけないし・・・。

 

今週は朗報が。息子ちゃんが出願していた一つのSchool Of Visual Artsから受かったと連絡。とにかくどっか行けるところができてよかった。

 

NCのUNCSAに土曜日に面接があるのでジェフと息子ちゃんは木曜日からNC向かったので、夕飯当番になってしまった・・・。

 

出来ればこの学校に行ってくれると財政的にも良いんだけどねぇ・・・。

 

受かる事を祈りつつ!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

はてさて、うちの息子ちゃんも、高校は、シニア。大学出願の年。

 

留学生は、めでたく私立の美大に一応受かっていて、州大にも出願していて、そちらが受かれば授業料が、安いのでそちらに行く予定らしい。彼女は、 去年の夏休み中、提出の課題頑張って作製していたし。SAT と、通常の出願では、難しいと感じていたのか、デザイン系で、出願していたから、計画性は、あったわよねー。おめでとう㊗

 

で、息子ちゃん。夏休みに提出用の課題は、ちっとも進んでいなくて、先日やっと全ての出願が、終わった。ということで。

 

ま、出願終わってなくても、映画専攻で、大学を探してたから、私は少し心配。

映画専攻学部で、しかも、Bachelor of Fine Art に行きたいらしくて、ガチで、この怠け者君が、過酷なコースに行けるのだろうか?という心配なのだけど。

 

出願前は、あたかも何処の映画専攻学科でも入れそうな感じで、ジェフも息子ちゃんも話をしていて、特に、ジェフは、問題無く入れる!みたいな感じでいつも話をしていたので、私の心配は、

 

実際、行きたいところ受からなくて、どんな対応するのかが心配、な私。

 

で、まず出願後、まず、一校返事が今日来たらしく。結果は、

 

桜散る。(まだ季節じゃないけど)

 

でした。

 

しかも、その映画専攻学部では、この辺りでは、かなりいい線行っているとかで、州大なので授業料も安いし、郊外の学校だけど、遠くないし。ここに行ってくれたら〜〜と、ジェフは、思っていたに違いない。

 

が、あっさり、Rejected でした。

 

やっぱ、そうそう簡単に行かないんだな〜。

 

他が、受かればいいけど。

 

幸先怪しいかも。

 

鬼才の天才なら、もっと情熱を感じさせてください。

 

そんなの感じられない彼に、ほんと受かる大学ってあるのかしら🤔

 

 

この大学のこといけしゃあしゃあと、軽々受かる見たいな、感じで、この大学の一年目のプロジェクトは、フィルムで、映画を撮るから、お金がかかるよねー。とかあたかも、この大学に行くみたいに言ってたけど。

 

思い上がりもいいとこ?ってとこなんでしょうかね?

 

でも、なんで落ちたんだろ?

 

 

 

 

 

ずばり、彼のDisability精神障害について。

 

日本語で書くと感じが違うし、メンタル的なことや精神病で悩んでる方にはつらい言い方になってしまうし、

私にはその当の本人の気持ちがわかってないとか、非難されるかもしれないけど。

 

論理的に考えて彼のいう精神障害っていうのは、都合のいい時だけのような気がしてならないから、

私は受け入れられないんだと思うだよね。

 

この金曜日の午後の事。

 

いきなりジェフ殿から電話。

 

これから僕は息子と一緒にラガーディア空港に行って彼の友達とそのお母さんをピックアップしてマンハッタンの滞在先まで送り届けに行ってくるよ。

 

という。

 

その「飛行機でNY入りするような」お友達っていったいどちら様ですか? 親戚関係ですか?え?最近息子ちゃんが寝るときに話をして、眠れるように話に付き合ってくれてるお友達? ああ、ネットで知り合った人だっけ?

 

それにしでもFBで知り合った人にNYまで来て車に乗っけてもらえるとか、そうやすやすに車に乗ってしまうそのお友達もお母さんも、あまりにも軽々しすぎですよ!(そりゃジェフは良い人、シリアルキラーなんかじゃないですけど。)十分注意すべきだとおもうんですけど。そういうオファーがあっても普通、今のこの世の中そんな危ないことはしちゃいけませんよ。

 

サイバースペースと実際に一番最初に会う時はパブリックの場所を選んで、気を付けたいところが、相手はすんなり車に乗ってくれるって、マジ。ガード緩すぎ。

 

でも、当日になるまでジェフに車出してくれって言わない息子も息子だよな。

普通そういうのは前もって聞くよなぁ・・・?

 

そしてその後、翌日土曜日の予定をジェフに聞く。なんでも交通手段を確保しておきたいらしい。

ほんと運転手扱いやなぁ・・・。

でもこのNYC内でティーンの男の子が地下鉄に乗って女の子に会いに行くのもできないっていうのも、ちょっと考えもんだけど。

 

で、結局ジェフは所用があって無理なことを伝えると彼は大不機嫌。ま、最悪の場合地下鉄のメトロカード貸してやるから行ってこい。とジェフは息子に言ったんだけど。

 

予定もまだ立っていなくて土曜日に会えるか?というのもまだ決まっていないらしい。

 

それにしでも、こんな図体デカい子供が親連れて彼女のところに行くっていうのもかなり滑稽ではあるのだけど。

 

その胸でジェフと話をすると、息子ちゃんは地下鉄に乗るのに、不安発作に陥るんだそうで。

一人で地下鉄に乗りたくないらしい。と、ジェフ。

 

でも、NYCで一人で地下鉄に乗ることは生きる上で必要なことじゃない?

 

だから、大学は寮に入って地下鉄乗らなくてもいい生き方を選択するんだ!

と、ジェフ。

 

いや、でも映画関係で仕事するってなったら、やっぱNYCで地下鉄に乗ってなんとかやって行かなきゃいけないんじゃないですか?

慣れさせなくちゃダメじゃん。

と、言うと。

 

そんなGet Over itって言われても簡単なことじゃない!

と熱くなるジェフ。

 

簡単なことでないとわかっているけど、生きてくうえで必要だもん。仕方ないじゃん。

なんであなたばっかり頼ってるの?

 

だから必要以上・・・学校の帰りは自分で地下鉄に乗って帰ってくるし、

やれることはやってるんだ!

というジェフ。

 

あの、来年の9月には大学に行くのにこの子一人立ちしなくちゃいけないんだけど、大丈夫なの?

 

 

ジェフは、「心配だよ。あれはホントできるかわからない。」

 

 

でもね、今朝さっそうと家を出て行った息子ちゃん。

 

てっきりインターンシップの日が今日だからインターンシップに行ったと思ったら、

 

今日はその彼女がNY滞在最終日だからと言って地下鉄で、自分自身で彼女に会いに行った彼。

 

別に誰が何の言おうが、自分のしたいことなら問題なく何でも自分からする。

 

だから、私は彼に精神障害があるとは思えないのだ。

 

結局、やる気の問題であって、やる気がないからしないのに、それを鬱の所為だと病気扱いで言い訳ばかり。

 

世の中には、したくても障害の所為でやりたいこともできない人がいるのに。

私はそういう人たちに対して失礼だと思うのよ。

 

私はジェフが息子を甘やかして都合のいい時だけ鬱の所為で言い訳させているところがズバリ大っ嫌いある。

 

子供のためにならないと思うし。

 

ヘタレな子供にして、ジェフは息子が誰にだってできる事が、息子にとっては難しいんだ。といつも言う。

 

たった、それだけの事。が、息子ちゃんには大変難しい事。なんだそうです。

 

じゃ、難しいんだったら慣れるまでやられない限り、誰かに頼ってばかりではどうともならないじゃない。

 

それに息子ちゃんは映画の専攻の大学に行くといっていて、将来はスクリーンライターになりたいとか、プロダクションマネージャーとかいろいろ言っているわけだけど、はっきり言ってそんな競争の激しい世界に、一人で地下鉄にも乗れない精神力のない男がまずやって行けるのか?といのが私の心配するところなのだよ。

 

メンタル的に気弱いとか、不安定とか、いうなら更なる努力が必要なのに、甘やかしてばっかりで、手本になったりするどころか、友達面して話をするしかないのでは子供のためにならないんじゃないでしょうか?

 

親としてそんな荒波でやって行けなかった時のこともあるからプランBを考えとけよ!くらい言うのが普通じゃないの?

 

そりゃ、子供のしたい事、映画専攻で大学って行かせりゃいいですよ。

でも、普通の家庭だったらそういうのはまず反対されません?反対されても、それを乗り越えていくくらいの熱意があるからこそ、その人は真面目に真剣に大学に行くんだろうし。

 

彼のような人だったら、プログラマーになってIT関係の仕事をパソコンに向かってあまり人と関わらなくても済む職業だけど、ちゃんと生きていける物を身につけさせるけどなぁ・・・・。

 

ま、どこ行っても今の彼だったらヘタレで全然通用しないと思うけど。

 

大学行って、一人立ちして揉まれたら彼も何とかなるんだろうか?

 

依頼したビデオの撮影見たいに途中でバッテリー切れたからって自分がUpsetしてピーピー泣いて、機転も効かさずプロジェクトを放置した彼。そんな彼が一人立ちできんのかな?( 近頃の若者は・・・というか息子ちゃんマヌケなだけか? )(犬が宿題食べちゃった〜)参照

 

また、FBでこのやってきた女の子のFBのページみたら、Relationship with 息子ちゃん となっていた。

 

また遠距離恋愛かよっ!

 

この心配が10年後この日記をみて、思い過ごしだったと笑って読めますように。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

この週末は、未奈関係で、イベント盛りだくさんだった。

土曜日の晩は、遅れながらの未奈の誕生日のディナーで、「とりごう」に行こうと言うことになった。

日曜は、未奈のConfirmation で、家族で集まって、ブランチということだったのだが、ま、未奈のための週末といえばそうかもしれないけど。
本当、滅多な事で、ウチ娘だけを主賓として祝うことなんてないから、(誕生日は、ジェフの姪と近いので、いつも合同なのだ。)

土曜日乗馬から帰って来て、「とりごう」に行くと、丁度帰宅したジェフに言ったの。
今から、昼寝でも、と言う彼が、いきなり息子と話し出したら、いきなりマンハッタンまで、息子ちゃんと買い物に行くとと言い出した。
あーなんかゴネたのかなー。

小声で、一階から、彼がなんか行きたくないとか言ってるのが聞こえた。

彼らが、出かける前に、翌日の礼拝でのAnthem スマホでいいからして欲しいんだけど、って前のプロジェクトが、うやむやになってたので、セカンドチャンスのつもりで頼んだら、後ほど、


息子ちゃん
彼が、家族の一員として感じられないから、誕生日ディナーには行きたくないとか、

1週間前に、大学の、オープンハウスに留学生とジェフと一緒にいって、私は、その事に関して、留学生にだけしか質問しなかった、とか、

1週間も口聞いてないのに
a Favor を頼まれて、腹立たしいとか?ジェフに行ったらしい。

ハァ?

でございます。

こんな、自己中な奴だとは、思ってたけど、失礼な奴とは。

息子ちゃんは、誕生日のディナーに、家族が、来なかったことを未だに気にしてる、らしいんだけと。


だいたい、彼の誕生日の週末に、みんなで、マンハッタンのブルーリボンチキンにみんなで、ディナーに行く予定だったのだが、私達が、乗馬から帰って来た時に、今からマンハッタンに行くんだけど一緒にこないか?って。

そんなの無理じゃ〜ん。

で、そんな嫌がらせみたいな計画を強要されて、私たちに後でわざわざ地下鉄で、マンハッタンまで来いと、強要。
そんなめんどくさいことしたくないわよー
っていうか、嫌がらせ?みんなが、時間かけてマンハッタンに飯食べに行くのは、やっぱしたくないのよ。だからてっきり私は、彼が、私達を追っ払うつもりで言ったんだと思ったので、結局ディナー辞退したんだけど。

それをまだ根に持っていて、私の娘のディナーにこないのか?(いや、来ないなら食事代浮くのでそれはそれでいいけど、)

 

二つ目の、留学生だけに質問っていうのも、留学生はいわゆる「お金を払ってくれている、お客さん」なんで、今年は英語の練習したいと言っているし、彼とジェフがいろいろ盛り上がっていたので、黙っている留学生に私はいろいろ質問したんだけど、それはいわゆる、「接客サービス」の一部だし・・・それに息子ちゃん前回のビデオの大失敗以来無口で、話かけるなオーラー120%だから、別に話かけてないんだけど・・・・。

 

それに「1週間も口聞いてないのに」って失礼極まりないのは息子ちゃんの方だ。

以前、お家のなかで朝は、あいさつしなさい!といったのに、ビデオの件以来あいさつしないし、私はあいさつしていたぞ。

 

それに、「A Favor」ってどういうことよ。前の依頼も終了してないのに、謝罪もなし、弁明もなし、結局宙ぶらりんで自分のケツも拭かず、ジェフにしりぬぐいばっかりしてもらってる癖に、私がA Favorですって?

 

ジェフもジェフよ。息子がちょろっとこんな落ち込んだように、文句言ったら、すぐにショッピングで盛り上げようとする。

はっきり言って、飴を与える前に、ガツンと彼は自己中すぎると叱ってほしい。

仕事もしてないくせに口ばっかり。

 

私は彼の好きそうなTheaterの時は一緒にこないかと誘ってるし、うちの家で一番に考えるのは、彼の性格のせいで、彼が一番に考えられてるのに、自分の望むことが何一つ叶わないですって!

視点が違うとはいえ、あまりにも自分が腫物を触るようにみんな気を使ってる事わかってないじゃない?

 

結局、ジェフがまたなだめて、よしよしして帰ってきたわけ。

 

結局未奈のディナーには来なかった。(ま、いいけど・・・。)

 

Anthemは、ただ単に、スマホで席から取ってくれればいいのに、

わざわざ自分の手が震えるからといて小さい三脚を使い、それが使えるところがガラスの仕切りの後ろの台の上に乗せて録画って・・・ガラス越しだったら音は?

音はどうせスマホでいい音響じゃないからといって、ガラスの向こうで歌っている私たちをガラス越しに撮影するって当たりが私には理解できない。

一体どこのプロがそんな考え方するんじゃ?????

 

大雨の中傘も持たず、レストランから帰るとき、ジェフが傘が無い!と叫んでいたら、実はちゃっかり息子ちゃんがジェフの傘を使っていたという・・・。一言言えよ!!!

 

大体私が何しても気に入らないのはわかってるわよ!

 

だけど、わがまま言い放題してるのに、それがわかっていない彼はこの先どうすんのよ?

 

ジェフも、このもっと厳しくしないと、こんなへなちょこ大学行ってもやってけないよ・・・・。

 

 

愚痴でした・・・・。

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ブログ・ランキング参加中

ブログ村のランキングに参加してます。
読んでバナーを押していただけると幸いです。
あなたの1票が毎日の励みになってます〜。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村


メールにてご連絡してくれる方はmissyplace.newyorkあっとまーくgmail.comまで

UNIQLO カレンダー

ブログ村

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM