教会関係のConference に行って来ました。

Ascension の日の夕方、ロングアイランドへ。


今回は、前夜よりホテルのバーレストランにて、ご飯。

亡くなったボビーの好物シュリンプカクテル

美味しかった〜〜。




思いっきり食べたら、お勘定は、なんと隣にいた友人の知り合いが、テーブル全部の支払いを済ませてくれていたので、ラッキー?

ご馳走さまです🙏


翌日は、朝から集会、会議、礼拝。

今回、Bishop が、辞職したため現在 Interim Bishop なのだけど、ウチの、牧師さんは、このBishop に、Ordain してもらったそうで。






今回な、Ordination もあったし。



Vice President の選挙があって、前夜知り合って、朝、たまたま、朝食で、隣同士で、色々お話しした人が、当選。

とっても素敵な人で、当選したからには、大変だとは思うけど、頑張ってほしいです😃




 


二日目。

Diakonia 関係者は、このT-shirt を着ることになっていて、Diakonia Power をアピール!



卒業式用に、Alb をオーダーしました。


卒業後の、インターンシップをどうしよう。と、ランチのテーブルに座ったら、なんと日本語を話す、牧師さんに遭遇。


お手伝いして欲しいとの事なので、何か私に出来ることがありそうです。





Diakonia の先生にも沢山会えたし、Immigrants Issue についても、Workshop に行けたし。なかなか充実Synod Assembly でした。

来年は、Bishop の選挙だなぁ。



教会でAscension な礼拝の後、ランチでした。


今回は、ウチの牧師さんが、頑張って料理。

いつも料理してくれる人は、癌と闘病なので、牧師さんありがとうございました。

とっても美味しかったです。







いつも平日にあるので、今回参加するの初めてだったけど、来年も来ようかな?



前の教会のお世話になった方が、Easterの当日に教会で脳溢血にあい、そのまま金曜日に他界されました。

 

享年85歳

 

昨日はお通夜で今日がお葬式。教会での最後の礼拝。

 

あっという間に礼拝は終わり・・・墓地に行って最後のお別れして、その後はランチョン。

 

こういうお葬式とかのイベントの時、どこにいくの?何するの?系の質問にたいしてすぐに情報を把握しているDcn Bobbiさん。

 

今日もどの墓地なんだろう?って気軽に聞ける人

 

いつもならBobbiがすぐにおしえてくれたのになぁ・・・。

 

と、ま。こういう人がいなくなるとこの教会は一体どうなってしまうんだろう・・・。と心配。

 

前の教会は、いろんなところでポリティカルなんで、

あまり皆仲がいいってわけではないのよ。

各々の良いところをうまくまとめていないから衝突が絶えず・・。

現在の牧師さんは、ホントに牧師さんなんですか?というくらい礼拝の作法が全然わかってないし。

 

結局のところ、リーダーシップがなく

正しいLutheran に基づく教育があまり伝わっていないので、

Lutheranの教会ではあってはならない事が起こっていて、

問題なのである。

信者の数は年々減っていく一方だし。

彼女が頑張ってきた教会。彼女がいなくなってそろそろ閉まってしまうのではないでしょうかねぇ・・・。

 

とにかく・・・。

RIP Bobbi

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

 

 

Holy Weekは急がし~って感じでPassover 2日目はJeffママ宅には行かず教会でEaster Vigilへ。

 

いつもは歌ってばかりの私も、このハンドベルと男性の歌うChantに魅入られていました。

 

 

 

 

 

 

やっぱり瞑想的でいいですね・・・。

 

このハンドベルの人は、Saw Lady (http://sawlady.com/) とも呼ばれていて、ノコギリを楽器として使うというとても興味深い人で、とってもナイスなのだ・・・。

 

写真とビデオはこちら

にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村

 

毎年子供が大きくなったせいか、

伴侶がクリスチャンじゃないせいか・・・。

毎年クリスマスのエキサイトメントは薄れていく一方。

 

Diakoniaに通っているとクリスマスは、Commercialのものではないというのはわかるし、


 

 

で、久しぶりに前の教会に夜11時からのクリスマスイブサービスに行って、助っ人聖歌隊として行ってきました。

聖歌隊の席に久しぶりに座りましたけど。Readingの時に他の聖歌隊の人たちはしゃべりまくり。

あの私たち聖歌隊なんで、歌っている最中におしゃべりするのはどうかと思うのですが・・・。

モラルが欠けているというか、ここまで礼拝が堕落しているのには呆れてしまったし、

今年の夏に聖歌隊のDirectorはやめてしまい、それ以来新しい人は雇われていないので、

スペイン語の礼拝でピアノを弾いてる方が

伴奏担当してるんだけど、どうしてか頼りない演奏の上、歌うキーを2段階ぐらいさげて引くので、

私はには歌いにくいし。

 

Anthemも何とか歌ったけど、キー低い上に伴奏が書かれた通りでないので、2番目に歌い始めのタイミングがわからない。

ので、誰かが歌い始めなければならず・・・。私がリードを取ったわけですけど。

 

聖歌のSilent NightもJoy To  The Worldも低くて歌いにくい。

 

何より、牧師さんの説教が「?」であったです。

ちゃんと文章考えてきたんですか? お酒でも飲んでるんですか?

 

 

と心配するお説教でした。意味が全然無い! こんな説教毎週聞かされている信者がかわいそうになりましたよ。

 

ここの牧師様は英語が母国語でないのですが、その事実を多めにみても、酷い説教だった。

 

昔はここまでひどくなかったけど。どうかしちゃったんですか?

 

この私が教会にきて歌いたくないと思わせるのもかなりなものですよ。マジ。

 

ここまで、前の教会のリーダーシップの無さが招いた怠惰を痛感しました。

 

あまり、Judgementalになはなりたくないけど、この牧師さんは、

ちゃんとした神学学校を卒業したわけではなく、

スペイン語伝道のために即席コースを卒業したために、

ちゃんとしたルーテル教の神学が身についていないのかもしれない。

この教会で5年もいるのに、基本的な作法も理解してないようだし。

 

あまりの教会の儀式の尊厳の無さと、説教の意味の無さにゲンナリしてしまいましたよ。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

本当の意味のクリスマスという視点でクリスマスを祝う。

そして牧師さんのお説教がちゃんと意味のあるもので、ポイントがあるというのが普通なんですけど。

 

今通っている教会の牧師さんは超カリスマ牧師さんってわけではないけど、

何より、流石にイェール大卒のインテリ。

聖書の知識も素晴らしいし、お説教もちゃんと書いてお説教の長さも一定で定まっているうえ、

世論も交えてお説教しますから、なるほど、意味のあるお説教が聞けて、

スピリチュアルな点でも栄養をいただいた気分になります。

でも、彼の書くお説教は知的で世論も含んでいてい宗教と世論を交えてタイムリーなお説教ですが・・・。

 

 

He came down to save us. 

 

そんな恵まれている環境に感謝しつつ。

 

前の教会に救済があることを祈りまず。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

 

クリスマス当日は、今の教会ではちゃんと礼拝がありまして、

Music Directorの作曲したAway in The Mangerを。

 

いつものあの方はやっぱりどっか音が外れてますが、いい感じでできてよかったです。

 

でも、Musicディレクターのフランクさんは才能あるよね〜。こんな素敵な曲つくれるなんて・・・。

 

 

で、今年もクリスマスパーティーをジェフの家族を呼んでやりました。

 

インド料理にKFC。

 

今年は準備もまあまあ、Aldiで一杯チップにチーズにとかって、前菜も満載

 

ユニクロでStar WarsのTシャツが売ってたのでみんなにTシャツ買ってプレゼントしました。

 

 

近所にParis Baguette出来たので早速クリスマスケーキも買ってきました。

 

DPP_1005.JPG

 

T嬢も楽しんでいただけてよかったです!

 

DPP_009.JPG

良いお年を〜〜〜!

 

 

ちなみに、今年のジェフからのクリスマスプレゼントは、Apple Watchでした〜。

なかなか使い勝手がいいです!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

ようやく、未奈のConfirmation が、終了。



滅多にドレスアップしない未奈。

髪も、ヘアサロンで、ブローしてもらいました。


一人一人が、Confirmation について、スピーチしました。




スピーチが、素晴らしいと、ジェフにも褒められました。私もビックリでした。

添削なしでこと出来は素晴らしいとの事。

ウチの娘もなかなかやりおるなぁ。


もう、手がかからない、立派な高校生です。



当の本人は、カールが、来るのを嫌がってたけど、流石、他人に恥をかけさせない、気の利く娘です。


大雨だったけと、移動する時は、それほど雨足は、強く無くて良かった😃


みんなで、The Grill で、ブランチ。美味しかった。


それぞれ楽しんでくれたようで良かったです。


おめでとう未奈🎉🎊🎈

God Bless you!!!!! 


 

 

土曜日は、Diakonia のクラスメイトの卒業式に出席してきた。

 

彼女は、もともとNJ のDiakonia で勉強して居たのだけど、クラスメイトが、病気になったりしてクラス自体が、キャンセルになってしまい、結局、卒業に必要なクラスが、NJ では、なかったので、私達のクラスに編入してきたわけです。

 

IMG_3634.JPG

 

 

6176654848_IMG_9349.JPG

 

彼女自身、Curriculum and Instruction の博士号を持っている勤勉な方です。

彼女が、クラスに参加したことで、クラスが、また違った見解で、学ぶことができました。

 

IMG_0133.JPG

 

来年のクラスに彼女が居なくなるのは寂しいし残念だけれども、卒業おめでとう🎓

 

6176654848_IMG_9367.JPG

 

卒業の礼拝ですが、オルガン奏者が、下手で、歌い辛かった。

前奏から、入るキューがなく、そのままさらっと入ってしまうので、誰も注意して聞いてないから歌い始められないし。

テンホ変わるし。

でもお式の後、牧師さんに声かけられて、美しく歌ってくれてありがとうと、いわれてしまつた。私にできるのは、これぐらいしかないですからね。😃

 

帰りは、他のクラスメイトが、NJ に住んでいるので、送って行ったのだが、お礼にランチでもと遅いランチをご馳走になった。

 

最初は、クラスのこととは、近況のこととか話をしてたんだけど、

 

彼女は、キリスト教でも、違う宗派で、育った方なのだけど、その宗派は、婚前交渉は禁止だとか、ゲイは地獄に落ちるとかいう宗派。

彼女は、Lutheran Creedのクラスの牧師さんがけっこうOpenにゲイで、そのことを知ったときには泣いたといっていた。

その牧師さんのクラスはLutuehran の神学論を学ぶ上で、いったいルーテル教が他のキリスト教とどう違うかということをはっきりさせたクラスだった。それに、ELCA(Evangelical Lutheran Church Of America)の牧師さん達の多くはLGBTQで、ELCA自身、LGBTQを受け入れる宗派なのであります。

 

はっきり言って何故この人がルーテル教しかも、ELCAのDiakoniaに通っているのかが不思議です。

 

ま、元旦那さんの宗派がLutheranで教会に参加したとはきいたけど、もっと自分に合った教会があるんじゃないかなと思うのですが。

 

いきなり私は、ジェフと結婚しなければ、神の祝福は、受けられないとか、これは、私に神が宿って神のことばなのだと言い出した。

聖書の中には、キリスト教信者だからといって生活習慣をあれしろこれをしろと、言うものは、ズバリない。と、Diakonia で習った。

Lutheran 流の考えは、これをしなければ、神の祝福は受けられないなんて事は、ないのです。

神との関係は、「契約」ではないから、代償などはいらないから。

 

神は、人は何者であれ、皆罪人で、それでも人は神に愛されていて、その愛は、何をしようとも増える事も、減る事もない、不変の愛なのだから。

それに、神様との関係とは、個人のプライベートなもので、他人にとやかく言う筋合いも、言われる筋合いもないです。

 

Diakonia の習っている事をすっかり見過ごしてるではないですか。Totally missed the point!

 

ま、こう言う人には、こう言う人にあった宗派の教会があるのですから。

 

神様は、寛大です。

 

とりあえず、とてもおせっかいなことをいわれたような気がしたけど。

彼女が何時の日か理解してくれる日が来ることを祈りつつ・・・。

 

彼女を送り届けたら、なんとVal の家のすぐそば。車でで3分!

 

いきなり電話して押しかけて言ったら、夕飯をごちになりました。

長い土曜日でした。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

 

Diakonia で、お世話になった方が、正式に牧師さんの称号を受け取るので、聖職授与式に招待されたので行って来た。

ジョン先生は、Vicarから、正式にPastor になったのです。

彼に指導してもらったクラスは、課題の読書が、難しく、大変だったけどドイツ人神学論Dietrich Bonhoeffer の本は、大変ためになる読み物でした。



少し早めに家を出たけど、地下鉄が、いつもは、急行なのに鈍行になっていて、10分余分にかかるしで、到着が、5分遅れたので、急いて教会に駆け込んだら…

なんと先生本人、まだ着替えもしてないでひょろっと出て来た。

祝辞の言葉を述べると、なんとBishop が、まだ到着してないらしい。



そっと、聖堂に入って待つ事。一時間遅れで、お式が開始。






お式の後は、レセプションで、ご飯を頂き、Diakonia のクラスメイトも来ていたのでご一緒させてもらうことに。


色んな人に会って楽しかった。



帰りは、レセプションで知り合った人と家が、同じ方面なので、ご一緒することに。

Diakonia に行くかどうか迷っていたので、是非と薦めた。


忙しい一日だったけど、充実した1日だった。


私にとって、あっという間でしたが。

Diakonia 一年目のコースが、終了しました。

通い始める前は、一体どうなるか心配でしたが、難なくクリア。先生も、素敵な方ばかりで、クラスメイトも、いろんな意味で、恵まれていました。

最期のセクションはのテーマは、『キリスト教徒としての日常』でした。

 

キリスト教徒だから、こうしなけばならないという定義は、ありません。

 

このクラスは、クラスの開催地の教会の牧師さんが、教えてくださいました。

 

毎日、キリスト教徒に限らず、他の宗教家でも、お祈りしたりしますよね。

個人差はあっても、神の存在をなんらかの形で、信じているであれば、神様に願うことありますよね?

 

お祈りしている時、神様との対話をしていて、その事は、私と神様だけの事であり、他人の神様との関係というのは、私にとって他人事なのです。

 

だから、他人にあれこれ指図出来るのは、人間の私ではなく、神様だけ。なのです。

 

だからと言って、好き勝手するというわけではなく、信仰しているもの教えをもとに行動し、最善を尽くすよう努力しなくてはと、私は、思います。が、それを怠ったとしても、人は皆罪人であり、神様は、とても寛容なので、イエス様が、すでに代償を払ったため、すでに私たちの罪は、許されているのです。

神様は、私たちを平等に愛してくださってますから、洗礼さえ受けていれば、みんな天国にいけるのです。

その後のことは分かりません。審判が、下るのは、あの世に行ってからなのですから。

 

 

で、最終日。

クラスメイトと、テーマを話し合った中で、毎日、ありがたいと思った事を、5つ書き留めることにしたと言ったクラスメイトがいました。

 

だだ毎日、家族が健康で、とか大きい事でもいいのですが、『電車が、駅についてプラットホームに降りたらすぐ来た。』とか、『コーヒーが美味しい。』とか、些細な事でいいそうです。感謝の気持ちは、結構すぐ忘れてしまうので、あとで、あゝこんな事あったんだと、言う風におもいだせるのだそうです。

 

私も、日記もっと真面目に書こうと思いました。

 

 

とにかく、一年! 9月が待ち遠しいです。

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

ブログ・ランキング参加中

ブログ村のランキングに参加してます。
読んでバナーを押していただけると幸いです。
あなたの1票が毎日の励みになってます〜。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村


メールにてご連絡してくれる方はmissyplace.newyorkあっとまーくgmail.comまで

UNIQLO カレンダー

ブログ村

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 日記
    MISSY
  • 日記
    老若男女
  • 卒業式
    MISSY
  • 卒業式
    老若男女
  • BentOn Cafe Limited Edition
    MISSY
  • BentOn Cafe Limited Edition
    もも
  •  「出産したらお辞めなさい 」
    MISSY
  •  「出産したらお辞めなさい 」
    yuming
  • 3時のおやつに・・・モンブラン
    MISSY
  • 3時のおやつに・・・モンブラン
    kemi

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM